守口で人気のサロンで教えてもらったんですが薄毛になる原因は大きく分けて4つあります。

薄毛になる原因は、遺伝、男性ホルモンの影響、食事・生活習慣、精神的ストレス、これらの薄毛原因が複雑に絡みあった結果、髪が抜けたり細くなるのです。

この4大原因からみると、どの人にも薄毛になる可能性があるということがわかります。

男性の薄毛の原因1:男性ホルモン
男性ホルモン(テストステロン)は髭や体毛などの成長を促進しますが、頭髪にとっては逆で、毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛母細胞を萎縮させて、髪の成長を妨げてしまいます。

男性の薄毛の原因2:遺伝
薄毛には遺伝的要素が大きく関係しています。
しかし、男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子を調べることで、男性ホルモンの影響を受けやすい体質か否かを知り、個々にあった治療方針を立てる事ができます。

男性の薄毛の原因3:ストレス
心や体にも悪影響を及ぼすストレス。薄毛や抜け毛にとっても例外ではありません。
ストレスが自律神経やホルモンバランスを乱し、血流が悪化すると、毛根に栄養分を十分運べない状態となり、薄毛の原因になります。

男性の薄毛の原因4:食事・食生活
髪の毛の生成に必須とされるビタミンやミネラル成分は日常の食生活では十分に摂取できない場合がほとんどです。
肉類や油物の過剰な摂り過ぎは、血中コレステロールが増加し、血が粘って頭皮まで血が流れにくくなり、もしかすると抜け毛の進行に拍車がかる可能性もあります。
また、不規則な生活や過剰な飲酒・喫煙も髪の成長を妨げる要因の一つです。

そして、薄毛の原因を解消しない限り、薄毛は進行し続けます。

そして、薄毛がどれだけ進行しているかで、改善率が大きく変わります。

髪が薄くなってきたばかりの人 →改善しやすい
髪が薄くなってから、5年経過した人 →改善が難しい

薄くなってから年月が経過すればするほど、髪の毛をハゲる前の状態に戻すことが難しくなります。

ひとつひとつは小さな原因でも、当てはまる項目が多ければ要注意です。長いスパンで見ると大きな差になる可能性がありますので、できることからひとつひとつ改善するよう努めましょう。