肌が柔らかく、モチモチに!

カテゴリー 未分類

夜だけ「美容断食」

夜の洗顔後に油分を含むスキンケア化粧品をつけすぎると、毛穴が『フタ』をされ、汗や皮脂、老廃物などの排出が妨げられる。すると古い角質もはがれにくくなって、くすんだ肌に。肌が本来持っている自ら潤う力も発揮されないため、ごわつきやすく、シワの原因にもなります。

夜だけ「美容断食」とは、夜の洗顔後は化粧水や乳液などを一切つけずに寝るというもの。30万人の肌を見てきたエステのプロが考案した美容法で、古い角質や老廃物の排出を促しながら肌を柔らかな状態にリセットできます。

■キメが粗くなった、毛穴が目立つ肌は「美容断食」でよみがえる

年々、水分が減ってごわごわになる肌。少しでもいい状態を保つために、さまざまなスキンケア化粧品を使っている人も多いだろう。特に、夜はクリームなどもつけて、たっぷり栄養を与えているのでは? しかし「肌がべったりと覆われた『肌肥満』の状態では、肌が怠けて、ターンオーバーが低下。

そんな状態に心当たりがあれば、夜だけ「美容断食」がお薦めだ。洗顔後はホットタオルで温めるだけで、何もつけない。実際に試したところ、ホットタオルで肌のつっぱり感が和らぎ、数十分後にはしっとりする感じも得られた。「つっぱり感が強い部分は、その部分にだけ化粧水をつけて」翌朝は洗顔料で洗顔後、いつものスキンケアとメイクをしてOK。早ければ3日目で肌が明るくなるなど変化を実感できるそう。