ジアミンアレルギーの症状と対策

カテゴリー 未分類

 

女性は30代後半から増え始めるという白髪。見た目年齢を大きく左右する部分ですから、やはり白髪は染めておきたいという女性も多いのではないでしょうか。

しかし、市販の白髪染めを使用することによって抜け毛や炎症などさまざまな症状に悩まされる人も少なくありません。

実は、白髪染めにはアレルギーを引き起こしやすい成分が含まれています。

市販の白髪染めを使ったら、頭皮がかぶれたり、かゆみが生じた
白髪染めをはじめたら、以前より髪が細くなった
白髪染めの後に髪の毛が大量に抜けた
白髪染めをしたら顔や瞼が腫れた
白髪を染めた後に頭皮がじゅくじゅくになり、傷口から汁が染み出る
このような症状が出たら、アレルギーの可能性があります。

白髪染めによって引き起こされるアレルギーとは?

白髪染めをはじめてから急に抜け毛が増えたなら、白髪染め剤に含まれる成分によるアレルギー症状が原因かもしれません。

市販の白髪染めやヘアカラー剤には様々な化学成分が用いられています。これらの成分は度重なる検査を行ない、安全であると認められた上で使用されているのですが、人によってはアレルギーを発症する恐れもあります。

元々アレルギーのある方が気付かずに使い続けると重症化する場合もあります。

白髪染めに含まれる成分で特に起こりやすいのが、ジアミンアレルギーです。

白髪染めには、パラフェニレンジアミン(PPD)という合成化学染料が含まれています。ジアミンは、市販の白髪染めやヘアカラー剤の多くに使用されています。

様々な色味を容易に作り出すことができ、濃い色に染めることもできるため、特に白髪染めには欠かせない成分です。

便利で鮮やかに染まるため、多くの毛染め剤に使用されているジアミンですが、実はアレルギーの症状を引き起こす成分であるとして単体では劇薬に指定されている国もあります。

ジアミンアレルギーの主な症状

皮膚の痒み・痛み
皮膚の炎症
瘡蓋(かさぶた)ができる
顔やまぶたが腫れる
浸出液が染み出し、じゅくじゅくになる
ジアミンアレルギーの症状は人によって異なりますが、赤く腫れる炎症や皮膚のかゆみ・ピリピリとした痛みなどを引き起こします。

ジアミンアレルギーの対処法

一旦ジアミンアレルギーを発症した場合、以後ジアミン系の染料が使われているヘアカラー剤を使用することはできません。美容室やサロンなどで使われているヘアカラー剤にも同様にジアミンが使用されているため、十分に注意してください。

もしアレルギー症状が出てしまったら、できるだけ早く皮膚科などにご相談ください。

美容院やヘアサロンで染める場合は事前にお問い合わせを

美容院やヘアサロンにおいても、基本的には市販の製品に近い成分のヘアカラー剤が使用されます。アレルギーが気になる方は、あらかじめ問い合わせておくと良いでしょう。

ジアミンアレルギーを起こさない安全な白髪染めは?

ジアミンは少なからず人体に害を及ぼす成分であるため、継続して使用すると頭皮にダメージが蓄積され、悪影響を及ぼす恐れがあります。

白髪が増えはじめる年齢は、皮膚や毛根の老化が進みつつある時期でもあります。それに伴い、皮膚のバリア機能も衰え始めるので、若い頃と比べると薬剤の刺激を強く受けやすくなったり、痒みやかぶれなどの接触皮膚炎を引き起こしやすくなります。

若い頃にはアレルギーの症状がなかったのに、年齢を重ねてから体質が変わってしまったというケースも珍しくありません。

頭皮にダメージが蓄積されれば、毛根の老化が早まり、将来的に抜け毛の増加や薄毛につながる可能性もあります。白髪染めをはじめてから急激に髪のボリュームが減ってしまったという人は、市販の白髪染めの使用を控えた方がいいでしょう。

では、安全に白髪を染めるためにはどのような方法があるのでしょうか?