乾燥のケアについて

カテゴリー 未分類

 

7月に入り暑い日が続きますね。夏でも太陽の紫外線で乾燥が気になる方、エアコンでの乾燥が気になってる方も多いのではないでしょうか?ということで乾燥から身を守る保湿の方法をお伝えしていきたいと思います!
心斎橋でも有名な美容室でも教えてもらいましたが「保湿」で1番有力となるのが、角質細胞間脂質と呼ばれるもの。これは角質細胞のあいだにあって、水分の蒸発を防いでいる脂質の1つです。その約40パーセントをしめているのが、セラミドという保湿成分と言われています。これらの物質の量が減ったりして正常な働きをしなくなると、肌内の水分を抱える力がなくなって乾燥してしまいます。
肌の中にある保湿成分の生産量は年々減るため、老化とともに乾燥しやすくなります。
* とにかくたっぷり化粧水をつける
* 化粧水のシートマスクでケア
* 水分が浸透するようにパッティング
ベタつくのが気になり化粧水のみの肌ケア
これらはよくしがちなケアですが間違いです⚠
化粧水をたっぷりつけるよりも保湿成分をたっぷり与えてあげてください!
セラミドやヒアルロン酸など聞いたこともある方が多いのではないでしょうか?
それらを配合した美容液を与えて保水力を高めてあげる方が効率的です。
セラミドは水分をしっかり挟み込み、アミノ酸は水分をつかみ、コラーゲンは水分を抱え込む働きをしてくれます。
その中でも一番効果的なのがセラミドです。
速効性があるセラミドは継続して使えば肌の水分を増やすこともできるので乾きにくい肌を作ってくれます。
40代以上の場合は油分も減少しやすいので、クリームなども重ねて油分も同時に補給するのもいいです。
商品によってもセラミドの配合量は違うので色々試して、お肌に合う保湿ケアを見つけてください!