市販のシャンプーとサロンのシャンプーの違い

カテゴリー 未分類

いつも使っているシャンプー何を基準に選んでいますか??選ぶ理由は人それぞれですね。毎日使っているシャンプーが、髪の悩みの原因だったら……?
髪や頭皮やのトラブルを抱えている方は、一度シャンプーを見直してみることをおすすめします。サロンシャンプーと市販シャンプーの違いを詳しくご紹介します。

サロンシャンプーの主な特徴
1. 髪や肌にやさしい適度な泡が立つこと
2. 美しいヘアデザインをサポートすること
3. カラーやパーマのもちを良くすること
4. 次回のカラーやパーマの邪魔をしないこと
5. ダメージを進行させないこと
6. 髪や肌にいい成分が配合されていること

市販シャンプーの主な特徴
1. 簡単にクリーミィな泡が立つこと
2. 泡立ちがいいのに指通りがいいこと
3. 香りがいいこと
4. 容器・パッケージがいいこと
5. 値段の安いこと
6. 宣伝広告で目立てるように見せられること

シャンプーを選ぶときの3つのポイント
・洗浄成分
サロンシャンプー
→サロンシャンプーでは「アミノ酸系」と呼ばれる洗浄成分をメインに使用されたものが多いです。髪や肌もアミノ酸で構成されていますので、非常にやさしい、安全性が高い、という特徴がありますが、値段は高くなります。「高級アルコール系」と比べて泡立ちはやや弱いのですが、髪や肌に必要な脂分を落とすこともないので、長期間使い続けても負担が少なく、カラーやパーマのもちを良くするというポイントからもお勧めされます。
市販シャンプー
→市販シャンプーでは「高級アルコール系」と呼ばれる洗浄成分をメインに使用されたものが多いです。これは、非常に値段が安いのに泡立ちがいいという特徴があり、台所用洗剤などにも使用されます。”泡立ちがいい=洗浄力が強い”ということになるため、髪や肌に必要な脂分まで落としてしまうことがあり、ダメージを進行させたり、カラーやパーマのもちを悪くする原因にもなります。

・シリコン
→洗浄力が強いと必要な脂分まで落としてしまうため、本来は髪がきしんでしまって指通りが悪くなります。その”悪い使用感”をカバーするために配合されているのがシリコンです。シリコンは鍵穴や自転車のチェーンの滑りを良くする時にも使用される”滑り剤”のようなものです。市販シャンプーの多くが「泡立ちがいいのに指通りがいい」のは、高級アルコール系の洗浄成分とシリコンを組み合わせているからなのです。

・その他の成分
→実際に市販シャンプーを長期間使用し続けていると、「ベトついて髪がペッタンコになる」、「パサつきがひどくておさまらなくなった」、「カラーが褪色しやすい」、「髪が重くなってスタイリングがもたない」という状態が出てくる場合があります。サロンシャンプーは、プロの目線から”素材の美しさ”と”ヘアデザインの美しさ”のバランスをとった処方が組まれています。カラーやパーマを知り尽くした技術者たちが、カラーヘアやパーマヘアをいかに美しくするかという観点で、ヘアケアに取り組んだ商品です。例えば、サロンのトリートメント技術でも使用する補修成分をたっぷり配合したり、ダメージが進行しないようなケア成分を配合しています。